*All archives   *Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.01.06 (Sat)

愚の骨頂 

 先週のデスノート見忘れた、そんなことを考えた俺はパソコンを起動させていつも通りに『You Tube』で見ることにした。いつもは母親が撮ってくれるのだが、砂嵐で映らなかったので仕方なく。このまえのやつも見れなかったのだが、そのうちアップロードされるだろうと考え、12話を先に見ることにした。オープニングがあり本編があり。俺の好きな声優が4人ほど出ているのでエンディングでその声優欄を見ていた。
 11話の声優欄を見るのを忘れていたので、ミサのところとレムのとこをチェックした。いや、ミサは平野綾ということがわかっていたのでレムのほうを見た。本当はジェラスも見ようと思ったのだが止めた。というより見逃した。ジェラスの声は非常に期待はずれだった。というか気持ち悪かった。
 いや、そんなことはどうでもいいのだ。俺が気になるのはレムだ。レム。ふと、レム流れてきたり、と思い目を凝らす。するとそこには『松山ケンイチ』と書かれていた。
 映画版のL役のことを書いているのかと思い横を見ると確かに『レム:松山ケンイチ』と書かれていた。
 どうりでヘタなわけだ。ヘタだなーって思ってたら。それもそのはずで本業声優じゃないのだから。いや、抑揚をなくしているのだろう。リュークは別だ。レムはああいう声なのだ、と自分で自分を納得させた。
 兎にも角にもミサの絵が酷い。
 声優はいいのに絵が酷かった。
 なんだか崩れてた。







いやマジでがっかり。
なんでミサの絵だけあんなに酷かったんだろうか。













つーか、昨晩に本屋に行ったら携帯小説がズラーっと並んでたんよ。

一番有名な『恋空』から、一番人気の『呪いゲーム(だっけ?)』があり。
他にも多々横書きの小説が並んでいた。


なんか恥ずかしいな、と思いつつそれらをパラパラ捲っていた。

そして横においてある『心霊探偵八雲』と比べた。








ヒドイ。



なんだよコレ。読者舐めてんだろ。
ヘタクソすぎる。

こんなの本にできるなら俺の周りは小説家ばっかりだよ。

俺の友人のほうが断然巧い。




「~~~~だよっ!!?」
 ~~は○○した。
「~~だろ??」
 ~~は○○した。
 でも○○だった。






コレ。酷い。
いやまさにコレ。


本当に酷い。
よくもまぁあんなものが書店に並んでいるよ。


しかも買ってる人がいるんだから驚きだね。




それ買う金があるなら『心霊探偵八雲』買えよ。

俺は『心霊探偵八雲』欲しいんだよ。





つーか携帯小説なら携帯で嫁。






そんなこんなだ。終わり。
スポンサーサイト
EDIT  |  16:26 |  Ry♂  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。